Saturday, March 7, 2009

つるし雛

数年前のことですが、友人のお母様が作られたという、ちりめんの「つるし雛」をプレゼントで戴きました。
使われている縮緬布も素敵だけれど、すべて手縫い仕上げという、気が遠くなるほどの芸の細かさ!

素晴らしい芸術作品で、ほ〜っと見入っては溜息が出てきます。
毎年雛人形と一緒に、おひな祭りの時期に飾っています。

つるし雛とは、伊豆稲取地方に伝わる伝統手芸で、その歴史は江戸時代後期まで遡るそうです。
つるし雛を間近で初めて見たのは数年前のこと。
一時帰国中、滞在していた新宿京王プラザホテルにて、ちょうどつるし雛展が開催されていました。
 
ロビーや通路など、ホテルの至る所につるし雛が飾ってありました。
飾りの一つ一つはマスコットのように小さいのですが、何万もの飾りが集まると、とても見応えあります。
どの作品も細かく丁寧に作ってあり、針仕事が大の苦手な私は、この作業を想像するだけで失神しそうです。

ちなみに、ホテルのロビー内には、つるし雛の他に、源氏物語のお人形も飾ってありました。 
 
こちら、夕顔の君
とても立派なお人形で見入ってしまいました。
 
こちら、夕顔と頭中将との娘、玉鬘

 
妻の女三宮と柏木の不義の子、薫君を複雑な心境で抱く源氏 

絵巻や本とは違った味の源氏物語を間近に見ることができました。

京王プラザホテルのつるし雛展は本当に見応えがあります!
また行けるといいな。。。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...