Thursday, July 2, 2009

(ほとんど)計量の無いレシピ ベークドチーズケーキ

いくら面倒くさがりの私とはいえ、お菓子作り、ベーキングのときはレシピ通り計量します。
特に繊細なケーキやクッキーは1g単位までキッチリ計ります。

このチーズケーキは簡単★シンプルなうえ素朴で美味しいので、ちょっとチーズケーキが食べたいなと思ったときにササッと作れます。
子供たちも私もレアチーズケーキよりベークドチーズケーキの方が好き。
買うより作る方が断然多いと思います。

<材料>
*クリームチーズブロック1箱 (250g)
*卵 2個
*生クリーム1パック(250ml)弱 全部入れると濃厚すぎるかも。
*ヨーグルト 大1〜2
*砂糖 大さじ7〜9
*レモン半個分を絞ったレモンジュース 
*小麦粉 大3

生クリーム、ヨーグルト、砂糖、レモンジュースはお好みで調整。

ケーキの底にグラハムクラッカーを砕いてバターと混ぜたクラストを作ってもいいです。
利点としては、ケーキに高さを出せる、カットしたとき色の違いを楽しめる、一口入れたときに違う食感が楽しめる、など。
ただ、グラハムクラッカーの種類やバターの量によっては、全体的にクドくなる気がするので(個人的意見です、あくまで)、その日の気分により省略することが多いです。

<作り方>
1.  クリームチーズと卵を室温においておく

2.  ハンドミキサーまたは泡立て器でクリームチーズをふんわりクリーム状になるまで練る


3.  砂糖を加えて混ぜる

我が家ではこういう適当なお菓子作りにはブラウンシュガー(ダークではなくイエロー)を使います。

4.  卵を加えて混ぜる


5.  生クリーム、ヨーグルトを加えて混ぜる

5.  レモンジュースを加えて混ぜる
 
半分に切ったレモンを耐熱皿に乗せて電子レンジで数秒チンすると、レモンジュースが楽に絞れます。
絞るときはレモンが十分冷めてから!
種や果肉が気になる場合は、茶こしを使っていれます。

6.  小麦粉を茶こしなどで振るいながら少しずつ加え、木べらまたはゴムベラに変えて生地全体になじむように混ぜる

練りすぎないように注意。
小麦粉を混ぜても、かなりさらっとした生地になるはず。

7.  生地を型に流し込む

表面に泡がある場合は、10cmほど上から数回落として泡を消します。


8. 180度のオーブンで約45分焼く

9.  数カ所ケーキに竹串を刺して、何も付いてこなければオーブンから出す


10. ケーキのふくらみが徐々に沈みかけきたら(粗熱が取れた頃)、アプリコットジャムを塗って艶をだす(省略可)

適度な焦げ目がつき、中央が平らに凹み、周りが塀のようになったらベークドチーズケーキの成功です。

11.  熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やす

お好みで、ベリー系フルーツを上に置いたり添えたり、ベリーソースを作って食べるときにかけても美味しいです。
 
今回はベークドチーズケーキ、ベリー添え

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...