Saturday, January 16, 2010

一獲千金なるか?!べガスへの旅1(観光編)


新年明けましておめでとうございます。
今年の抱負でもある「一獲千金」の夢を抱えて、新年早々ラスベガスに行ってきました!


というのは半分冗談で(もちろん半分本気)夫の「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」の出張に同伴して、私は半分お手伝い、半分観光のラスベガスへの旅です。
CESとは世界最大規模の「家電見本市」のことで、年1回ラスベガスの巨大コンベンションセンターを中心に、周辺ホテル一帯でも行われます。全世界中から各企業が集まり新商品の紹介、プレスリリース、メディアスピーチ、会議など数々のイベントが行われます。


子供二人を義理両親にまかせて、初めて夫と二人で旅行です。
「何も心配いらないから孫達は私たちに任せて、楽しんでらっしゃい!」と笑顔で送り出してくれた義理両親に大感謝です。

ラスベガス滞在中6日間、宿泊したのは「モンテカルロ」というホテル。
このホテル、なかなか静かで穴場だと思います。
このホテルの一番良い点は、他のホテルの一般的なレイアウトと異なり、迷路のような煩いカジノを通らずして、ロビーからお部屋直結のエレベーターに乗れること。
かなり時間節約できると思います。
大抵どのホテルにも、入り口からレストランやお部屋に行くまでのルートに巨大カジノがあり、ちょっとやっていこうか〜、なんて誘惑が一杯。

毎朝の朝食はホテル内のバッフェ。
サービスも良く、普通に美味しかったです。
CES初日となると、朝はCES関連の宿泊客でバッフェも混雑し始めました。

ほぼ毎日終日、CESが開かれているコンベンションセンターに居ましたが、中日に抜け出して一人で観光してきました。

モンテカルロの近くにある、NYニューヨークホテル。
ホテルの回りにローラーコースターが走っています。ときどき叫び声が!
そんな突拍子も無いアイデアがべガスらしい!


パリスとプラネットハリウッドホテル。

1月初旬でも日中は15度前後、Tシャツ短パンで歩いている観光客もいますが、
夜間は0度くらいまで下がり、砂漠地帯なのだということを実感します。

ルクソールホテルのスフィンクス。

MGMホテルのゴールドライオン。
眩しいくらいに瞬いて、一攫千金の夢をより一層掻き立ててくれます〜。


ルクソールホテルの塔。

パリスホテルのエッフェル塔。
どの建物も写真では見たことありますが、実物を見ながら、よくこんなの建てたな〜と楽しめるホテルが沢山ありました。
一つ一つのホテルは意外に大きいので、隣のホテルまで数キロあることも。
かなりお上りさんです。

2へ続く・・・。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...