Saturday, February 20, 2010

バラの雛飾り

3月のレッスン企画はクレイのバラでお雛飾り風アレンジ。
参加者の大半はクレイクラフトは初めてという方ばかりなので、基本のバラをお作り頂きます。

日本を離れて暮らしていると、日本の行事も忘れがちな我が家ですが、女の子二人のために親王飾りだけは飾っています。
後ろに飾っている枝は桃の花にも見えそうなの桜の枝です。
お花の部分はクレイで作ってあります。
 
私の姉の初節句で用意された七段飾り・・・ということは、もう3*年物です。
金屏風などは傷んできていますが、小さい頃から眺めているお雛様と全く変わりない様子。
日本の母が七段飾りのうち親王飾りの部分を孫娘のために送ってくれました。
大切に譲り受けてまた次の代へ引き続けることができればいいなと願っています。

お雛様は、3月3日を過ぎるとお嫁に行き遅れるので、お祭り過ぎたらすぐ片付けないといけない、と聞いたことがあります。
そうはいっても、晴れて乾燥した日に収納しなければいけないので、三日を過ぎてもずっと飾っていた記憶があります。
幸い、姉も私もお嫁に行けましたけれどね。

海外住まいで、お雛様をお持ちの方も、お持ちでない方も、ちょっとしたデコレーションでお部屋にお雛祭りの雰囲気を出せれば、と思います。
お内裏様は落ち着いたグリーンのバラで、お雛様は優しい桃色で作っています。
お雛祭りが過ぎたら、バラだけ他のデコレーションに使えそうです。

 レッスンでは、粘土の色作りから始まり、バラの花びら一枚一枚指で広げて作り、最後にお花を組み立てます。
皆様、とてもお上手です!!
なんとなく、お雛祭りの雰囲気出ていますでしょうか??

 
こちらは粘土で作った親王飾り。

 
家の雛人形を見ながら作りました。
顔が命の雛人形、お顔描きは難しいです!
人形師になるにはまだまだ修行が足りません。



No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...