Thursday, September 30, 2010

エコバッグ★コレクション

トロントでは2009年6月より買い物袋が有料化されています。
1袋5セント。
大した金額ではありませんが、食料品の買い物に行くと大抵10袋以上は使っていたので、買い物をすることが分かっている日は、なるべくエコバッグを持ち歩くようにしています。

お店にもよりますが、5セントで買える食料品袋は、薄くてすぐ破れたり切れたりするので、2リットルのジュースや4リットルのミルクを入れるには一重だと頼りない!
ポテトチップスなど角の鋭い袋を入れると必ず破れます!
破れずに生き残った買い物袋は、ゴミ袋に再利用するくらいしか使い道がありません。

私の母の元祖エコバッグといえば、英国老舗デパートのHarrodsのトートバッグ。
深緑にゴールドのロゴのビニールトート、私が小さかった頃、母が持ち歩いていたのをなんとなく覚えています。
私も学校に上履きや工作などを入れて持って行った覚えがあります。

私の元祖エコバッグは、ニューヨークのコーシャー食料品店 ZABAR'Sのショッピングトートです。
かれこれ10年ほど前、友人からニューヨーク土産として戴きました。
キャンバス地で丈夫、大きくて何でも入り、食料品の買い出しに行くときは、いつも持ち歩いています。
Zabar'sのエコバッグ

何年も前になりますが、マンハッタン舞台のコメディドラマ「Friends」で、登場人物のMonicaがZABAR'Sのバッグを手に帰宅するシーンを見て、「あ、ZABAR'S!」と嬉しく思ったのでした。彼女はコーシャー(ユダヤ教の食事規制に沿った食事)なのでしょうね。
昔からお洒落な小物や雑貨などに鋭いアンテナを張っているRさん、ありがとうございます。

最近は日本でもエコ指向が高まり、沢山のエコバッグが出回っているようですね。
今年の一時帰国時に、Mさんから京都土産に金平糖柄のエコバッグを戴きました。
畳むとコンパクト、広げると深めでたっぷりマチの大容量、その上軽いポリエステル素材で、内側にはポケット、持ち手には滑り止め加工など、細かい配慮が日本らしい嬉しいデザイン。
Mさん、素敵なお土産をありがとうございます。
畳むと本当にコンパクトなので、いつもハンドバッグに入れています。

子供たちの初代エコバッグはこちら。
ただのテディベアではありません。
このクマちゃん、背中のファスナーをあけると、エコバッグが飛び出します。
 
バッグを開くと、マスコットのようにクマちゃんがバッグにくっついています。
同じく一時帰国中、Sさんから子供たちへのプレゼントとして戴きました。
とっても可愛いくて惚れ惚れ。子供達も大のお気に入りです。
プレゼントのセンスがいつもピカリと光っているSさん、子供心をよく捉えていらっしゃいます。
ありがとうございました!


最後に、他にも私の普段使い(=酷使している)エコバッグをご紹介します。
大手食料品店Loblows、Real Canadian Super Store、No Frillsの共通エコバッグです。
1袋99セント。
買い物袋の有料化が始まった頃、うっかりエコバッグを忘れた日にレジでゲット。
「あの5セントのビニール袋を買うくらいなら、99セントで再利用できるバッグを買った方がいいかも」と思って。
こんな風に「うっかり忘れた日」が何度か重なり、いつの間にか沢山集まってしまいました。
不織布で、たっぷりマチなので、結構沢山入ります。
物を入れて、誰かにそのまま差し上げることもあります。
自分の手から離れた後も、どなたかにどこかで再利用して頂ければ、エコ習慣を広める良い運動になるのでは?

こちらもよく行く近場の食料品店Michael-Angelo'sの初代エコバッグ。
1袋1ドル50セント位だったかな。
不織布で、作りといい大きさといい、上記のエコバッグとほぼ同じですが、中敷がついている分、割高なのでしょうか??
たっぷりマチで沢山入ります。

エコバッグを作りたいなーと思いつつ、1ドルで既製品のようなバッグを手作りするのは不可能・・・。

2009年のトロントでは、カスタムメイドのエコバッグの需要が急上昇だったことでしょう。
取り扱いメーカーさんは大忙し&大盛況だったかも。

にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...