Monday, December 27, 2010

ポットラックメニュー2

夫方の家族はイースター、感謝祭、クリスマスなどの大イベントはもちろん、誕生会など、とにかく理由をつけてはよく集まります。
親戚一同は我が家から約70キロ離れたトロント西南部に住んでいるので、私たちはいつも招待されるばかり。
大人数のパーティのホスト役が大の苦手な私にとって、招待される身であることは、本当に有り難いのですが、これではパーティ上手になれるどころか、カナダに7年住んでおきながら未だターキー(七面鳥)も焼いたことがありません。
ホスト役にと白羽の矢が立つ日がいつ訪れてもおかしくありませんので、今から練習しておかないと・・・。
しかしながら、個人的にターキーは料理するのも食べるのもあまり好きではありません。

さて、招待された場合は、何を持ち寄ったらよいかホストに確認します。
今回も親戚一同に大好評のカリフォルニアロールをリクエストされました。

家族の間では"Sushi appetizer"(お寿司の前菜)と呼ばれております。
大好評といっても、ヨーロッパ系移民カナダ人家族の間だけでして、日本のお寿司とは少々異なり、欧米風細巻き(カリフォルニアロール)と呼ぶべきものでしょう。
海苔巻きなんて、カナダに来るまで作ったことがありませんでした。
お寿司屋さんに行けば、すぐ美味しい物が手に入りましたから。

巻き方が少々下手でも、親戚一同美味しい!と言って食べてくれます。
細巻きの中身は、きゅうり、スモークサーモンとクリームチーズ、ツナサラダ、スパイシーサーモン。
日本人の集まりなら、梅&きゅうりやオクラ、納豆巻きも入れたいところですが。

アボカドを使うつもりで数日前に購入していましたが、冷蔵庫で保存していたため、熟れが足りず、使い物になりませんでした。
更に失敗は続きます。
肝心のきゅうりを買い忘れていました!
近所の友人にクリスマスの朝、挨拶もそこそこにアボカドときゅうりがあるか問い合わせたところ、親切な友人はきゅうりを持って駆けつけてくれました。助かりました〜。ありがとうございます!
今回は反対巻き(海苔が中、すし飯と胡麻が表になる巻き方)も作ってみました。
店頭でよく見かけるカリフォルニアロールの巻き方です。海苔が目立たないからでしょうか?
しょうが、わさび、お醤油を添えて準備OKです!

入れ物がプラスチックで冴えないので、せめて風呂敷だけは立派なものを使用。
パーティから帰宅後、細巻きを入れても良さそうな漆の入れ物があったことを思い出しました。
次回からはそれを使うことにします。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...