Tuesday, December 28, 2010

ポットラックメニュー3

シェパーズパイに引き続き、今年のポットラックパーティに何度も登場したメニューの一品をご紹介します。

これまたイギリスの代表的なデザート、「トライフル」。
英語の"Trifle"は「つまらないもの、ささいなこと」という意味もありますが、「冷蔵庫の中のあり合わせのもので作った」デザートがトライフルの始まりだとか。
作り方はとても簡単。
スポンジ、ベリー系フルーツを煮立てたソース、カスタードソース、生クリームをそれぞれ作って、冷ましておきます。
お好みのフルーツを水気を切って用意しておきます。
後はガラス容器に順番に重ねて入れていくだけ。
今回のフルーツは苺、キウィ、ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリーなど。
みかんと桃の缶詰も足しました。
本当は新鮮で美味しいフルーツが入手しやすい春〜夏に向いているデザートだと思います。

伝統的なトライフルは、スポンジにリキュールやジュースを染み込ませたり、ゼリーを流し込んだ層があるのですが、私はスポンジのベチャッという食感があまり好きではないので、いつも省いています。
トップはフルーツで適当に飾ります。
ラズベリーを飾るのをすっかり忘れていました。

家族揃って出席するパーティが大半ですが、今年は残念ながら夫または子供のうち一人が寝込んでいることが多く、私と長女または次女だけで出席することが多くなってしまいました。

連日のパーティに、日本人の私が「羊飼いのパイ」と「トライフル」を持ち寄ったと、イギリス人の義理両親に知れたら笑われるかもしれません。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...