Saturday, January 1, 2011

お餅づくり

12月中旬あたりから、子供たちの間で始まったインフルエンザが大人に移り、今年のクリスマス休暇は散々だった我が家です。
治ったと思ったら振り出しに戻り、子供たちも私も第2、3ラウンドまで突入しました。

今回は幸い胃腸系に影響が出なかったので、沢山食べて少しでもエネルギーを温存しようと試みています。それにしても長引く・・・。

元旦には家族揃ってお雑煮を食べるようにしていますが、一年前の年末年始はバタバタ忙しくお雑煮も作れませんでした。
今年の元旦には新しくキッチンに加わった友、P社ホームベーカリーで作ったお餅を入れて、お雑煮を作りました!

大晦日、お餅を作るつもりでいたのに、肝心のもち米がない!
というわけで、最寄りのスーパーでもち米を購入しました。
前回別のホームベーカリーでお餅を作ったときにも、同じブランドのもち米を使い、あまり美味しいと思えなかったのですが、このブランドしか見当たらなかったので急いで購入。
2キロ5カナダドルくらい。

「お餅を作るよー」と思わず口を滑らせてしまった私、子供たちが「お餅はまだ?食べれる?」と5分毎に聞いてきます。

ホームベーカリーの説明書手順に沿って、お米を洗い、ざるにあけること30分。
今回は欲張り3合です。作って余ったお餅は冷凍保存もできるそうです。
あとはお水と合わせて機械のスイッチを押すだけ。
炊飯中も時々ウィーンと音を立てて回っていました。
1時間弱でお餅が出来上がりました。
お餅の成形は子供たちにも手伝ってもらいました。
大晦日にきな粉餅、翌日の元旦にお雑煮を戴きました。
朝食が遅かったので、軽めのお昼にお雑煮です。

親子とは似るもので・・・日本にいる母も大晦日の夜にホームベーカリーでお餅をつき、元旦にお餅を食したと新年の挨拶メールがありました。

ホームベーカリーのお仕事ぶりには満足なのですが、ついでに、綺麗な形のお餅を成形するマシーンと、綺麗な焦げ目をつけてくれる、お餅焼きマシーンが欲しいです。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...