Thursday, January 13, 2011

計量の無いレシピ チュイール

先月トライフルに使うカスタードソースを作る(http://colorsinbloomdeco.blogspot.com/2010/12/blog-post_28.html)のに卵黄を大量に消費し、余った卵白を冷凍しておきました。

随分前の話ですが、カルボナーラをよく作る姉に余った卵白の使い道を聞いたことがあります。
「そんなの捨ててるわ〜」との回答が。


卵白1個分くらいなら捨ててもいいのですが、トライフル1回分のカスタードソースに使った卵黄は6個。
プリン、シュークリームなどを作るときにも卵白が大量に余ります。
6個分もの卵白を捨ててしまうのは勿体ない!オメガ3だし。(単なる貧乏性??)


という訳で、卵白をすぐに使わない場合は、ジップロックに数個分ずつ分けて冷凍保存します。
約1ヶ月以内を目安に、使いたいときに袋のまま自然解凍し、卵白料理で消費します。

私は冷凍卵白は大抵「チュイール」に使います。
チュイールとは、フランス語で「タイル」を意味し、屋根瓦の形から名付けられたお菓子です。
そのままで食べたり、パンナコッタなどのデザートに飾りとして添えて(刺さって)あったりします。
チーズから作られたチュイールも、よくスープに刺さってサーブされたりしますよね?

こちらはアーモンドチュイール。
材料の中にアーモンドプードルを入れ、アーモンドスライスをトッピングしています。
こんな感じでカーブしているのが特徴です。


このチュイールレシピは姉上に捧げたいと思います。

<材料>
全て同量を用意。
*卵白
*グラニュー糖
*バター
*薄力粉

<用意するもの>
*天板(ノンスティックの天板又はクッキングシートを敷く)
*軍手またはミトン
*めん棒、持ち手部分が丸いウッドスプーンなど
 
めん棒を変えれば、好みのカールにできます。


「計量の無いレシピ」ではありますが、卵白の重さを量って、それに他の材料を合わせてください。
甘さ控えめにしたい場合は、砂糖を少なめに。
こってりしすぎるのが嫌な場合は、バター少なめに調整。

<作り方>
1. 卵白、バターは室温に戻す。オーブンは180度で準備
2. バターを泡立て器で掻き混ぜ、砂糖を少しずつ加えながらクリーム状にする
3. 2.に少しずつ卵白を加えて混ぜる
4. 3.に薄力粉をふるいながら加えて混ぜる
5. クッキングシートをひいた天板に、スプーンで生地を円形または楕円形に薄く均等に伸ばす。
 
こちら、材料に黒ごまを足した黒ごまチュイール

6. オーブンで約5分。円の周りが茶色になり始めたら、様子を見ながら好みの焼き色になったところで、オーブンから取り出す
7.  手に軍手またはミトンをはめ、スパチュラでチュイール全体を崩さないようにすくい上げ、素早くめん棒に巻き付けカールをつける。粗熱が取れたら、そっとお皿に置いて完全に冷ます。
 
細い棒のはシガレットロール風に。
 冷めると巻き付けるのが難しい!

もしチュイールが冷めてカールが付きにくい場合、割れそうな場合は、再度オーブンに30秒ほど入れると柔らかくなります。

やけどには十分ご注意を!

今日は子供のお友達が遊びにくる日なので、おやつに大量に作りました。
ぱりっとした方が美味しいので保管する場合は湿気に注意。
数日中に食べきった方が美味しいです。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...