Tuesday, January 18, 2011

ある朝の悲劇

昨夜いつものようにホームベーカリーに材料を入れ、ソフト食パンが7時に焼き上がるよう予約タイマーをセットして就寝しました。

翌朝キッチンに行っても、いつものように焼きたてパンの香りがしません。
寝ぼけながらも、変だなと思いつつ、焼き上がりの合図を出しているホームベーカリーの電源を切り、蓋を開けたら・・・。


パン焼き器からはみ出て見えるはずのパンの山が見えません。
パン焼き器を覗き込むと、底の方に白いパンが埋まっているではないですか〜!

一気に目が覚めたと同時に、「うそーん、やっちゃったぁぁ〜」と叫びました。
昨夜ホームベーカリーに材料をセットした際、肝心のイーストを入れ忘れ、パンが全く膨らまなかったのです。
取り出したパンは「パン」と呼べる代物ではなく、小麦粉の塊。
塊の中にホームベーカリーのパドル(パン羽根)が埋まっていたので、切って取り出しました。

 
塊の周りは香ばしく焼けていますが、中は焼けているのかどうか・・・?


告白いたしますと、実はこの失敗が初めてではありません。
過去に別のホームベーカリーで、イースト入れ忘れ2回、パン羽根付け忘れ2回。
ワタクシ、失敗の常習犯でございます。

薄くスライスしてみるものの、この小麦粉の塊、食べられません。
庭に投げても、これではリスも食べてくれないかも。

困るのは、パンが食べたいと言うであろう子供たちの朝食と、サンドウィッチの予定だった長女のお弁当です。

冷凍庫から朝の救世主である作り置きワッフルを取り出し、朝食はシリアルとワッフルに変更となりました。
ランチも急遽ワッフル卵サンドウィッチに。

平日にワッフルが登場することは滅多に無いので、子供たちは喜んでおりました。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...