Sunday, March 20, 2011

カナダ赤十字の募金活動


このたびの東北関東大震災で被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

3月11日の東北関東大震災、私はカナダ時間の朝ですが、東京に居る姉から夜中に送られてきたメールで知りました。
テレビをつけると、信じられない数々の映像が目に飛び込んできました。

テレビやパソコンのニュースを見ながら、家族や友人の安否を確認しました。
日に日に被害状況が明らかになり、新しい映像が入ってくる度にショックを受け、この日本の非常事態に胸が張り裂ける思いでした。
続く余震、ライフラインの切断、物資不足、重なる悪天候・・・被災地の方々はどんなに大変な状況であろうかと思うと、本当に心が痛みます。

原発の状況悪化、計画停電、物資不足など、被災地から離れた所でも、今までの生活を維持することが難しいという方々が沢山いらっしゃいます。
自分が普通にシャワーを浴びたり、ベッドで寝たり、快適な環境で食事も電気も自由に得られるこの生活が、とても贅沢なことなのだと実感しました。
なに不自由ない自分の身の回りや環境を改めて感謝するとともに、私が落ち込んでいても何の役にも立たないので、元気でいられる私のエネルギーを日本のために使わなくては!と思っています。

小さなことしか出来ないけれど、募金したり、募金活動を立ち上げたり、自分に出来ることを精一杯頑張ろうと思っています!


日本の義援金受付団体へは日本にいる家族に託して直接振り込んでもらうことにし、カナダで募金をする場合は、信頼性のある団体を吟味したうえで、私はカナダ赤十字を選びました。
カナダ赤十字 東北関東大震災支援ページはこちら。
http://www.redcross.ca/article.asp?id=38380&tid=001
カナダ赤十字から日本赤十字に義援金が送られることになっています。

カナダ赤十字から発行されるポスターを待っていたのですが、一日でも早く募金活動を始めたくて、こんなものを作ってみました。
このテンプレートで折り紙の伝承鶴を折ると、カナダ赤十字の募金案内が見られるようになっています。
レターサイズで印刷領域最大で印刷すると、ちょうど正方形が2枚作れます。
あとは2カ所カットして、正方形から鶴を折ります。

フランス語版はこちらから。


鶴の折り方はこちら(念のため)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%98%E9%B6%B4 

紙一枚につき正方形一枚を大きく印刷したい場合や、パネル印刷したい場合はこちら。

そしてフランス語版はこちら。


一番始めの三角を折る際、"JAPAN EARTHQUAKE"と"Donate by"の文字列が三角形の底辺に来るように折れば、翼の部分にメッセージが出てきます。


 公共機関の受付や掲示板などに置いて頂いたり、募金活動で配布すれば、ただのチラシよりインパクトもあるし、貰った人はすぐ捨てないでしょう(と願いたい!)
この鶴が誰かの手から誰かの手に渡り、案内を見てくれた人が実際に募金してくだされば、嬉しいな、と思います。

これから長女の学校で折り紙による募金活動をさせて頂けないか相談する予定です。
またご報告します。

一日も早く日本のみなさまに平穏が訪れることを祈りつつ・・・。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...