Saturday, August 20, 2011

カリグラフィー はじめに

昨年知人からカリグラフィーの作品を見せてほしい、と言われました。

カリグラフィーとは、アルファベットを様々な字体で美しく表現するアートのことで、西洋版書道と訳すのが一番しっくりする気がします。

字体、配置、飾り、ペンの種類、インクの種類を変えることによって何千種類ものバリエーションを書き上げることができます。
コンピューターで字体も色も配置も、簡単気軽に表現できてしまうので、カリグラフィーの手法もいずれは廃れてしまうのかな?なんて思ったりしますが、人間の手が書き出す作品は、DTPフォントには表せない味があると思います。

私がカリグラフィーで書くのは、カードなどが主で、大半は写真に収めることもなく、書いたらすぐ誰かに送ってしまうので、手元に作品(「作品」というほど大した物がないのですが)があまり残っていませんでした。

考えてみれば、カリグラフィーも「なにかを作ること」のひとつであるのに、このブログの項目に加えるのをすっかり忘れていました。

これから過去に書いた作品と、これから書く作品、少しずつご紹介していこうと思います。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...