Sunday, September 4, 2011

計量カップのみのレシピ ピーナッツバタークッキー

ある朝、冷蔵庫に常備していたピーナッツバターがなくなったので、パントリーから新しく買い置きのジャーを取り出したら、なんと賞味期限が1ヶ月後に迫っているでは!!
 
我が家のお気に入りはPCブランドのOrganicsピーナッツバター(クランチータイプ)。
遺伝子組み換えの無い100%有機栽培ピーナッツからできていて、砂糖&塩未使用。
でも、ほのかに甘くて子供達も大好き(というより、この味しか知らない)。


ピーナッツバターをパンに塗って食べるのは子供達のみ。
毎朝ピーナッツバターを食べるわけでなし、学校のスナックやランチには持って行けません。
このジャーを消化するのに通常3ヶ月はかかります。

使い切れずに捨ててしまうのは勿体ないので、どうにか賞味期限前にスピード消化するためのメニューが頭の中でぐるぐる回り始めました。
まずは、その日の朝、パンに塗るピーナッツバターの量がいつもより2倍になっていることを子供達に突っ込まれつつ。。。
久しぶりにピーナッツバタークッキーを作ることにしまーす。
計量カップのみでアバウトに作るので、とても簡単。
<材料>
ピーナッツバター 1カップ 室温でおいておく
バター 1/4カップ 室温でおいておく
卵 1個 室温でおいておく
イエローまたはブラウンシュガー 1/2カップ(砂糖入りピーナッツバターの場合は調整)
塩(私は入れませんが、お好みでひとつまみ)
小麦粉 1カップ
ベーキングソーダ 小さじ1/2

1. 室温で柔らかくしたバターを練ってクリーム状にし、砂糖を入れて混ぜる

2. 室温でおいておいた卵を別容器にほぐして、1.に加えて混ぜる
 

3. 室温でおいておいたピーナッツバターを2.に加えて混ぜる
 

4. こんな感じになります
 

5. 一緒にふるってあわせた小麦粉とベーキングソーダを少しずついれてサクサク混ぜる . 

6. 5.が混ざったら、お好みで粗めのグラニュー糖を大1加え、ざっくり混ぜる
 
ちなみに今回使ったのはこのお砂糖。
 
このクッキーにはこの粗さ加減がちょうど良くって。
7. ひとまとめにして、ラップにつつんで冷蔵庫で30分ほど休ませる
 

8. オーブンを180度にセットする。天板にクッキングシートを敷く。
生地を取り出し、お好みの大きさのボールにしたら、平らに潰してフォークでを跡をつける
 

9. オーブンで焼き色がつくまで、約13~15分様子をみながら焼く
 
焼けたらクッキークーラーなどに取り出して冷まします。

美味しく出来ました〜。この素朴なカントリー風クッキーはコーヒーにピッタリ。
でも吹き出物がすぐ出そうっ!

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...