Sunday, September 18, 2011

椅子用クッションプロジェクト2

椅子用クッションプロジェクト1の続きです。
 
4辺縫い終わったもところです。

これを、表に返します。
 
こちら、クッション上面となる部分です。
ダークブラウンのベルトは後ほど裏にまわします。

次に、中に入れるクッション綿を準備します。
 
適当な大きさにハサミでちょきちょき・・・

綿の表面をなるべく綺麗に平らにし、大きさを調整します。
 
左が背もたれ部分の綿、右が座布団部分の綿の塊。

本来ならば、この綿はクッションカバーに直に入れるのではなく、中袋に入れてからカバーに収めた方が良いのでしょうが、面倒なのでそのまま綿を入れていきます。
安定しないようだったら、後ほど中袋を作ろうと思います。
 
中央の穴に綿を入れます。
 
綿を丸めてぐぐっと。
いい感じで綿が入りました。全体的に上や中から整えます。
中央の穴はまつり縫いで閉じますが、後ほど綿を調整するときのために、とりあえず開けたまま。
 
30分弱で1個完成〜!
ベルトはこんな感じで、クッションを椅子に固定。
椅子表面とクッション生地の摩擦力で意外に滑らず、ベルトがなくてもいけるかも。
こちら、クッション裏面のつもりで作りましたが、ベルトを反対側にかえすだけで、リバーシブル利用できます。
綿の厚さもいい感じ。

こちら、ビフォアーのショット
 
ホームパーティなどのときはクッションをはずし、、、

こちら、アフターのショット
 
普段はクッション付きで。

希望通り、椅子のデザインにあまり響かず、ちょうど良いクッションができあがりました。
家族のメンバーにはフェイクレザーよりフェイクスウェード風生地の方が受けがよく、現在はこんな感じで裏面を使っていま〜す。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...