Wednesday, September 21, 2011

椅子の足カバープロジェクト

久々の洋裁フィーバー再来で、椅子用クッションに続き、椅子の足専用カバーも作ることにしました。

というのも、この椅子は各足にプラスチックキャップが付いているのですが、頻繁に動かすためフローリングが傷つきそうな気がします。
そこで、ホームセンターにてHeavy Duty用のフェルトバッドを買って付けてみました。
 
フェルトパッドは形やサイズ種類豊富で、片面がシールになっているので、家具の底にくっつけるだけ。これで防音にもなるし、フローリングを傷つけない。

しか〜し、新たなる問題が!
フェルトバッドの生成り色が目立って浮くし、少しはみ出した粘着部分に埃やゴミが着き易いのです。
マーカーで塗れば色の問題は解決できるけれど、この分厚いフェルトバッドを足のキャップサイズにちょうど合わせて切るのは至難の業・・・。
こんな風に髪の毛や埃を集めてしまうのです。

というわけで、解決策としてフェルトパッドごと包み込めるような椅子の足カバーを作ることにしました。
生地はちょうどクッションのベルトに使ったダークブラウンのフェイクレザー布が余っているので、これで十分。

まずは採寸から。
紙をつかってもいいのですが、直線ではないので、要らない布を使ってサイズを計ります。
 
布をくるっと巻いて、希望の高さと幅(布が一周して重なるところ)で目印引き。
これで足の幅を簡単に計ることができます。

布を開いたら、目印(出来上がり実寸)線上で裁断します。
 
目印の線上でチョキチョキ。

ダークブラウンの布に先ほど切った白い布を置いて、縫い代分を残して裁断します。
 
フェイクレザー布はまち針を刺すと穴があいてしまうので、針を刺す位置に気をつけます。

私はまち針無しで布を置いたまま、縫い線を印付けて適当に裁断しちゃいましたが・・・。
 
こんな感じで裁断します。

あとは、上下の縫い代を折り、中表(布の表面が重なり合うよう)にして縦半分に折って、縫い合わせるだけ。
 
椅子の足4本分、数分で完成。

余った糸を処理して、表に返します。
 
ストレッチがきく布なので、サイズはかなりいい加減。

さ、椅子の足にカバーをはめてみます。
 
ちょっとキツい?というくらいが落ちてこなくてちょうど良かった。
布を伸ばしながら入れました。
フェルトパッドがちょうど隠れる床スレスレ位置にカバーの高さを調整し、完成です。
 
椅子のデザインを損なわい程度にカバーの存在感最小限で仕上がったのでは?!

ではでは、カバーを付ける前のビフォアーショットはこちら。
 

次にアフターショットはこちら。
 

掃除中、掃除機やモップのヘッドがよく当たる椅子の足ですが、衝撃や傷の保護にもなり、久しぶりに一石二鳥♥アイテムとなりました。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...