Thursday, October 20, 2011

にんじん

先日、行きつけのスーパーで食料品の買い物をしているとき、野菜コーナーにて自分の目を疑ってしまいました。

にんじん一袋10パウンド(約4.5kg)、2ドル?!?!

我が家が買うにんじん、通常量り売りで1パウンド(454g)約1ドル。
底値も底値、大破格セールでは?!

でも、にんじん10パウンド買っても・・・日持ちするお米じゃあるまいし。
幾ら安いとはいえ、大人2人子供2人の4人家族で一体どうやって消化する??と、迷いつつにんじんの前を一度は通り過ぎました。

でもでも。

この底値はど〜うしても見逃せない主婦の性。

買おうか買うまいか、考えながらその袋を手に取りました。
さすが重いです。
中身をチェックしてみましたが、どれも太めのにんじんで新鮮そう。

そして・・・



つい誘惑に負けて買ってしまいました〜。
 
こんな大量のにんじんを買うの、もちろん初めて。

せっかく買ったにんじん、腐らせずに新鮮なうちに使い切りたいもの。
この買い物の日から、にんじん大量消化メニューの始まり始まり〜!

しかし、毎日にんじんばかり食卓に登場させたら「僕ら、馬じゃないんだけど」と夫に突っ込まれそうなので、にんじん主役のメニューを気づかれない程度に然りげなく取り入れます。

1. にんじんスティック
我が家では大人も子供も好き。
子供達の学校のランチやスナックに入れることも。

2. にんじん入りパン
食パンを作る時に、にんじんのすり下ろしを加えます。
 
外見はいたって普通のパン
 
中はオレンジですが、におい、味、食感はいつもの食パンとさほど変わらず。

3. にんじんケーキ
 
シナモンを効かせた子供達も大好きなヘルシーケーキ

4. にんじんマフィン
子供のおやつや学校のスナックにミニマフィンがあると便利

5. にんじんのポタージュスープ
 
今日のランチはあったかスープとチーズトースト
ポタージュスープは大量に作って冷凍しておくと便利
夏場は冷製スープでも美味しいです。

6. ミートソース
我が家で作るミートソースは、挽肉と同量の野菜がたっぷり入りますが、今回は挽肉よりにんじんの量の方が多い。
「スパゲッティミートソース」というより、「スパゲッティキャロットソース」と名を変えた方がいいかも。
 
家族メンバーはにんじんの量に気づかず食べてました

7. にんじんきんぴらご飯
毎食事の中に肉類が入っていないと嫌だという肉食夫のために、きんぴらに挽肉をまぜ、それをご飯に乗っけて、お丼感覚。
ごぼうのかわりに、にんじんを使ったきんぴら
きんぴらの味付けにはニンニク、大人用には豆板醤を加えて、かなりピリ辛ご飯。
8. にんじん入りお好み焼き
写真を忘れました。
千切りキャベツの半量ほど、にんじんの千切りを加えて、普通にお好み焼きにして食べます。

ところで、にんじんの千切りやみじん切りが大量に必要なメニューのとき、良く切れる包丁を持っていても切るのは面倒なもの。
我が家には千切り器がないので、にんじんをひたすら千切りやみじん切りする時には、切れ目を入れたにんじんをピーラーでしゃ〜っと一気におろしています。
短時間でにんじんの千切りが山盛りできます。
千切り器を買えばいいのですけれどね。
金平用のてんこ盛り千切り、にんじん大2本は消化できたかしら



その昔、夫に玉ネギの買い物を頼んだら、買い物が苦手な夫は、お店で一番初めに目についたタマネギの10パウンド入りの袋を買ってきたのでした。
こんなに大量の玉ネギ食べられるわけないでしょっ!何考えてるの〜!と叱った自分のことは棚に上げ、今回大量のにんじんを買い込んでしまいました。

でも、今回のにんじんは水々しくとっても美味しいので、無駄なく消化できそうです。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...