Wednesday, October 26, 2011

歯が抜けた

歯が抜けた

といっても、私の歯ではありません、もちろん。
歯が全部抜けるという夢にうなされ、大汗かいた事はありますけどね。

先日長女ちゃんこの上の前歯がやっと抜けました!
かれこれ一年ほどグラグラしていたのに、なかなか抜けなかったのです。
8歳だし、年齢的には遅い方でした。
学校のお昼休み中に抜けたらしく、クラスメイトがオフィスに連れて行ってくれたら、事務の先生がこんな可愛い容器に抜けた歯を入れて持たせてくれたそう。
可愛くって思わずパチリ。

北米の習慣では、寝る前に枕の下に抜けた歯を置いておくと、トゥースフェアリー(歯の妖精)がやってきて、眠っている間に歯と交換にお金を置いていってくれる、、、ことになっています。
子供にとっては、歯が抜けることは誇らしく、妖精からお小遣いを貰えるという、ちょっとした嬉しいイベント。

我が家では、子供達はサンタクロース同様トゥースフェアリーの存在を信じています。
虫歯や汚い歯にはトゥースフェアリーが寄り付かないから、毎晩きれいに磨いてなさ〜い!と私は脅しネタに使ってます。笑

それにしても、上の前歯がない「抜け歯顔」ってなんともコミカル。
 しかも、その抜けるタイミングったらない・・・。
一年に一回、学校にプロのカメラマンが来て、生徒一人一人を撮影してくれるのですが、 その撮影数日前に抜けてしまったのだから。

さらに、家族の記念撮影を偶然にも一週間前に控えていました。
家族で記念撮影なんて一年に一回あるかないかのイベントだというのに。
スタジオ予約したのは二ヶ月以上も前の話で、ちゃんこが抜け歯顔になってしまうなんて念頭にもなかったのでした。

写真撮影の時は、口を閉じてスマイルしたら?と勧めたのですが、本人は抜け歯顔を全く気にしておらず、カメラマンさんの指示通り、二カッと歯を出してポーズしてました。

カメラマンさん曰く「将来写真を見たときに『このときはこの歯が抜けたていたなぁ』と思い出を振り返られるから、ぜひ子供の成長過程を大きなスマイルで写真に残して欲しい」とのこと。

ま、それもそうかと思って、抜け歯一週間後の家族写真撮影のときも大きなスマイルで撮りました。

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...