Friday, December 23, 2011

食べ過ぎご用心タフィー

ある日突然食べたくなって、タフィーを大量に作りました。
タフィーを作ると、我が家のメンバー全員リスに変身した?という勢いでバリバリ食べてしまいます。
私はすぐに吹き出物が出てしまうので、一度に沢山は食べられないのですが。


計量カップ&スプーンのみの大雑把レシピです。

<材料> 北米1 cup=250 ccです
*グラニュー糖 1 cup
*ナッツ 1 cup弱
ピーナッツにアーモンドを混ぜても美味しいです。
*はちみつ 大1
*バター 大1

<作り方>
1. ナッツをオーブンで軽くローストし、粗く刻んでおく
私は無塩の生ピーナッツやアーモンドを量り売りで買い、調理する直前にローストしています。

2. グラニュー糖をお鍋に入れ、火にかけて液状になるまで溶かす
べっこう飴と同じ要領で、お砂糖が全部溶けるまで、気長に、でも焦がさないよう気をつけながら加熱します。

3. 焦がさないように注意しながら、2.が全部溶けて茶色っぽくなったところで、はちみつ、バターを加えて混ぜる(ジュワーッと跳ねることもあるので、やけどにはご注意を)
4. 3,の中にナッツを入れて素早く混ぜる
5. クッキングシートを敷いたバットか耐熱皿に4.を流し込み、素早く平らにする
 
とても熱いので、素手で触らないよう注意!
クッキングシートで包んで、耐熱皿などで上からぎゅっと押すと、綺麗に平らにできます

6. 4がまだ温かく柔らかいうちに、ナイフでお好みの大きさに切り分ける
 
冷めるとカリカリのキャンディー状になるので、カットが大変になります。

7. 粗熱が取れたら、冷蔵庫で完全に冷ます。
室温が高いと飴の部分が溶けてくる事があるので、冷蔵庫での保管がオススメ。

タフィーを5.の板状のまま冷やして、食べる時にタフィー用のミニハンマーで砕きながら戴くという方法もあります。

今回はタフィー好きな親戚一家に、美味しいコーヒー豆とカードを添えて小さな手みやげ。
ホリデーシーズンらしく、緑と赤のボックスに入れてみました。
このボックス、生チョコや小さなお菓子を作った時によく利用します。
ただのタッパーより素敵に見えるし、接着剤もテープも使わないので、使用後はそのままリサイクルボックスへ

折り方はこちらのサイトから。
おりがみくらぶ
http://www.origami-club.com/longsize/long-box/long-box/index.html

ランキングに参加してみました!
以下のアイコンをクリックして頂くとランキングに投票されるそうです。
クリックして頂けるとうれしいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...