Wednesday, January 4, 2012

懐かしの味?タピオカプディング

先日よく行く食料品スーパー、Longo'sで乾燥タピオカの商品を発見しました!
 
ベーキング材料のコーナーに置いてありました。

バブルティーやタピオカを食べたいと言い出した長女のために、隣町までタピオカを買いに行っていたのですが、灯台下暗し、こんなところでタピオカが見つかるとは!!
発見できたことにドキドキ興奮しながら、即買い。

パッケージには"Large Pearl"と表記があるし、バブルティーに使えるかも?と期待が高まります。

開封してみると、バブルティーに入っている黒のタピオカパールより少々小さめ、白い粒ですが、普通の白タピオカよりは大きいです。
黒いタピオカパールのような異臭(←かなり苦手)がないので嬉しい!

作り方を見てみると「3、4時間水に浸けてから調理する」とあります。
フムフム、指示通り、お水に浸してみます。

水に浸すこと30分・・・タピオカが膨張して増えている?!
浸していた容器から溢れそうなので、一回り大きな容器に移し替えました。
パールが崩れ、フヨフヨに崩れてきて少し心配・・・

3時間経過した時点で、もはや原型ほとんど残らず。
バブルティーには使えなさそうです。
仕方なく、パッケージの調理レシピに従い、タピオカプディングを作ることにしました。

必要なのは牛乳、バニラ、卵、お砂糖。レシピには塩も書いてありましたが、私は入れませんでした。
レシピの牛乳は一部生クリームに、バニラオイルはバニラビーンズに、全卵は卵黄のみに変えて、カスタード風にアレンジしてみました。
1/2カップの乾燥タピオカから予想をはるかに超えた大量のタピオカプディングが出来てしまった!!

パッケージの調理例写真のような大粒のタピオカを保つのはどう考えても不可能・・・。
でも、指示通りのレシピで一応タピオカプディングを作る事ができました。

あとは子供達によるテイスティングで合格点を取れるかどうか・・・。
 
作りおきのベリーソースを乗せてみました。

試食の結果、娘達二人とも好きだと言ってくれました。ホッ、よかった。

義理両親が遊びに来た夜にデザートとして出したら、イギリス人の義父が
「懐かしいな〜、コレ。学生の頃カフェテリアでよく食べたよ、このタピオカ!」
と言うからビックリ。

個人的に「タピオカ」=アジアンデザートのイメージが強かったのですが、イギリスではタピオカプディングを朝ご飯やデザートに食べるご家庭が多いそうです。
確かに、イギリスの代表的な朝ご飯、ライスプディングと似ています。

バブルティーには使えなかったタピオカだけれど、義父に喜んでもらえて良かった♪

以下のアイコンをクリックして頂くとランキングに投票されるそうです。
クリックして頂けるとうれしいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村
 にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...