Monday, February 27, 2012

テレびとムーびと 勝手にテレビその他部門評価2011

「つくること」とは全く関係のないトピック、テレびとムーびと 勝手にテレビその他部門評価2011です。

ドラマ以外で観るテレビ番組といえば、ニュース、ドキュメンタリー、リアリティ番組など。
パソコンをしながらBGM代わりにつけていたり、頭を完全にスイッチオフしてぼ〜っと観たりしています。

星3つ
HBO特番 Lady Gaga Monster Ball Tour at Madison Square Garden
コンサート一部始終と舞台裏のLady Gaga。
異色すぎる性格から学生時代はいじめられていたとか。
確かに異色な部分はあるけれど、優れた歌唱力とパフォーマンスの持ち主だと実感できる。
華奢だけれどバックダンサー達に負けない存在感とカリスマはさすが!

星2.5こ
Real Time with Bill Maher
内容に関しては過去記事コチラから。
2012年11月のアメリカ大統領選の共和党候補者争いについては、ビルもネタが尽きない。
最近ジョークが過熱してきている気がするのは単にでっち上げでなく、共和党候補メンバーの実の発言行動を元にしているから怖い。

So You Think You Can Dance? シーズン8
アメリカ各地のダンスオーディションを勝ち抜いた若者ダンサーが、プロ振り付け師の元、様々なジャンルのダンスをマスターしてステージで演技する。
毎週勝ち抜き戦で、最終勝者は視聴者による人気投票で選ばれる。
シーズン8は地味だったけれど、個人的には歌番組よりこの番組の方が好き。

The Celebrity Apprentice (The Apprentice シーズン11)
内容に関しては過去記事コチラから。
挑戦者はB級クラス著名人なので私は知らない人が多い。
リアリティ番組とはいえセレブ版だけにゴーストプロジェクトマネージャーの存在や脚本演出があるのでは。
参加者の性格珍行動は十人十色で、ビジネス&マネジメントセンスより、役員室討論においてアグレッシブでメモラブルな人間でないと勝ち残れない、というのがシーズンごとに重みを増してきている。
"You are fired!"の一言で有名なNYの富豪実業家Donald Trump、年末の共和党討論会の進行役では自分がfiredされたんじゃ?!
大統領選出馬を臭わせたり、党派を変更したり、相変わらずのお騒がせワンマンショーを公私ともに繰り広げている。

星2つ
American Idol シーズン10
日本語の意味する「アイドル」とは異なり、アメリカの国民的レコーディングアーティストを生み出すリアリティ番組。各都市オーディションを勝ち抜いた若者達が毎週ステージで歌を披露する。
視聴者の投票による勝ち抜き戦。
最終メンバーには確かに歌唱力のある人が残るけれど、純粋に「歌唱力」というよりは人気投票になりがち(ここ数年は投票数を集めやすい若いアイドル的男子が勝者)
毒舌批評で有名なSimon Cowellが審査員から抜け、新たにSteven Tyler、Jennifer Lopezが加わったが、新審査員メンバーでも続けていけそうな印象で終わった。

Hell's kitchen USA シーズン9
世界的に有名なイギリス人シェフGordon Ramsey率いるHell's kitchenレストランで、スキルを試されながら働く挑戦者達。毎週勝ち抜き戦で、最終勝者には一流レストランのヘッドシェフの職が保証される。
「犬の朝飯の方がマシだ!」「動け、のろま!」等、挑戦者達に浴びせられるRamseyの罵倒罵声は放送禁止用語でピー音だらけ。
一日の最後に各チーム脱落者選出ミーティングが設けられるが、チームの選出者が誰であろうと結局はRamseyが心に決めていた者が脱落していく。ミーティングの時間が無駄では?笑
シーズンを重ねるごとに各所にヤラセを臭わせるリアリティ番組の傾向があり、挑戦者達は実は役者なのかな?と疑問に思うことも。

Kitchen Nightmares シーズン4
破産寸前のレストランを訪れ、Gordon Ramseyが救世主のごとくビジネスを立て直すリアリティ番組。
様々なレストランのずさんな衛生状態を観ると、外食するのが怖くなる。
シーズンを増すごとにRamseyのリアクションも演出も大袈裟になっていくのは気のせい?
初日は問題山積みだったのに、数日後には無理矢理一件落着してしまうところが、ハッピーエンド好きなアメリカ番組らしい。
イギリス版ではRamseyが毎度カメラの前でシェフジャケットに着替えるシーンがあるのだけれど、アメリカでは受けないのかな?笑

The X Factor USA
American Idoleの審査員だったSimon Cowellプロデュースのオーディションリアリティ番組。
イギリス版がいよいよアメリカに上陸し、国民の期待大だったらしい。
American Idolにとても似ているが、歌唱力よりもX-factor(特別な何か)を持ち合わせ、総合評価でレコーディングアーティストとして売れそうな人物が最終勝者となる。
審査員兼メンター(師匠)メンバーがどれもメンターとしての力量発揮していないか素質なし。
司会進行者も上手く噛み合っていないし、脱落者選出のルールも改善すべき。
American IdolもX Factorも五十歩百歩といったところ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...