Sunday, February 19, 2012

バレンタイン・・・でしたね

学校でのバレンタインカード交換用に、今年は子供達とこんなものを作っていました♡

去年のバレンタインカード交換には、ロリポップを折り紙のハートで束ねたのですが、今年も折り紙でハートを作ることに。
 
女の子には紫/ピンク/オレンジ
男の子は青/緑
ペンの色まで決める長女。笑

子供たちが通っている学校では「ヘルシーな食生活」をモットーとしており、イベントでの交換用お菓子の持ち込みを禁止しています。
食物アレルギーの多様化、個々の家庭により方針も様々なので、それはそれで良いことかと。

バレンタインの前の週に、担任の先生から
「手作りまたは市販カード、食べ物以外のトリートであればクラスで交換しても良いですよ」
という連絡が入りました。

「食べ物以外のトリート」というのは主に文房具(鉛筆、消しゴム、メモ帳、シールなど)のこと。
イベント時期には、テーマに沿ったファンシーなミニアイテムが配布用セットになって、どこのお店にも並んでいます。

ところで、こういう類の文房具・・・可愛いのだけれど実用品としては少々使い難い品質。
すべてとはいいませんが、ほとんどの物は・・・

*紙が汚れる消しゴム
消す場所を擦れば擦るほど、誤字が紙に広がる

*削るとすぐ芯が折れる鉛筆
削りにくい木材のうえ、芯が中心にないことが多い。
付属の消しゴムは論外で、Hレベルの薄さは子供に不向き

*信用できないボールペン
電話中など肝心な時に限ってインクが出なくなる!汗

*新聞紙のように薄い紙のメモ帳
環境に優しい再生紙なのだろうけれど、鉛筆の字が浮くような表面加工
薄くて消しゴムを使うのはまず無理

*粘着の弱いシール、剥離紙から剥がすときイラストの一部が破れてしまうシール
細部までカット加
工が施されていないみたい?

我が家では、戴いた文房具は有り難く見て楽しみ♡、実用の筆記具には日本の良質な文房具を使用しています。


話が大きく逸れましたが、小2の長女でも簡単に折れるハートの折り方はおりがみくらぶから。
スタンドのようになります。
名前やメッセージを書いて出来上がり。

当然、次女も姉の作品を見て同じように作りたがります。
でも、オリジナルの折り方では少し難しいので、次女用に折り方を簡略化してみたところ・・・
左:簡略ハートスタンド 右:オリジナルはーとすたんど(おりがみくらぶ)

ほぼ同じに仕上がりました♡

去年のハート飾りより簡単なので、作業時間が短縮されて子供たちも根をあげず最後まで作ってくれました。

バレンタインにはクラスメイトから素敵なカードがたくさん集まりました。
手作りのラブリーなカードをくれたお友達も沢山。心が温まります♡

 
ランキングに参加してみました!
以下のアイコンをクリックして頂くとランキングに投票されるそうです。
クリックして頂けるとうれしいです♪
 にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...