Monday, April 16, 2012

イースターに食べるお菓子

 イースターが近づくと、よく作るクッキーはこちら。
シナモンとカレンツ(小さいレーズンのようなもの)が入ったクッキーで、今回は春らしく蝶の形にしました♪

イースターサンデーにはホームパーティにお呼ばれしていたので、子供達も喜びそうなカップケーキを作りました。
 
デコレーションは鳥の巣と卵(のつもり)
鳥の巣は絞り出したガナッシュに削りチョコをまぶして、エッグチョコを乗せてます


イースター時期に出回るお菓子といえば、メインシンボルの卵やウサギの形をしたチョコレート、キャンディ菓子です。
我が家の子供達はハロウィン、クリスマス、バレンタインに並んでチョコレートを食べる機会が多くなります。
気をつけないと美味しくないチョコレートもあるので、有名メーカーや"real chocolate"という表記があるものがオススメ。

エッグハンティングに多く登場するのはフォイルに包まれたエッグチョコやウサギチョコ。
小さいエッグチョコは卵ケースに入れたり、そのままの状態で庭や家中に隠します。
子供達が寝静まった後の大量作業なので意外に準備が大変。
子供達は良い子にしているとイースターバニーが持ってきてくれると信じて疑わず。
中は空洞ですが、大きいので一度に食べるのは難しいウサギチョコ

パステルカラーにウズラの卵のような模様が可愛い♡

 
チョコレートメーカー、N社のS○○○s(日本でいうM&Ms)のMini Eggs
イースター向け新商品だったので買ってみましたが・・・
3cm弱の丸々とした卵、シュガーコーティングも固く、子供の口には大きすぎるかも?


日本に比べ食玩の種類が少ないカナダ、このKinder Surprise Eggはイースターに限らず年中人気。
大きなチョコシェル(殻)の中にプラスチックのケースが入っており、その中に小さなオモチャ等が入っています。

ハロウィン同様、今年も大量のお菓子がバケツに残っています。

子供達も、夜こっそり戴く自分も、念入りに歯磨きしないと〜。
 にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...