Friday, April 27, 2012

さざ波スカート(+ちょこっとエコ★リメイク)

久しぶりにミシンを出して始めたソーイングプロジェクト、使う布はこちら。
一目惚れしてしまい、用途も分からず購入。
実はこれが一番やってはいけない布の買い方。在庫がたまる一方。

でも、長女も見た瞬間気に入り「わぁ、きれ〜い。ママ、これで何か作って!」と目を輝かせました。

そんなわけで娘二人のミニスカートを作ることにしました。
イメージとしては、簡単な筒状ギャザースカート。
走り書きイメージ

ウエストはこんな感じで幅広ベルトにしたかった。
 持っていたスカートを参考に、作り方を研究

このスカート、綿100%の表示ですが、スパンデックスのように伸縮性に優れた綿ニットです。
ゴム不使用のウエストベルトなら、作り方も楽に違いない(←ポイントです)。

紺色のニット布を買い足しに行かないとダメかな〜と思っていたところ、ちょうど良い物が!
状態は良いけれど丈が短くなってきたため、寄付に出そうと思っていた次女の長ズボン。
(写真がないのが残念)
着心地がいいらしく、次女のお気に入りパンツでした。
寄付に出す洋服をまとめていたら、その山から次女が自分の長ズボンを発見し「これ捨てないで〜!」と懇願。保留したのがつい前夜の話でした。

上記ウエストベルトと同じくらい伸縮性に優れた綿ニットです。
色落ち加減もスカートの色合いとバッチリ。
どうやって長ズボンをウエストベルトに使うかというと・・・。
股下はストレート。丈もウエストベルトの長さにちょうど。

パンツ一着で二人分のウエストベルトが作れるし、なんてエコな閃き!
しかも布を買い足しに出かける手間が省けてよかった。

パンツ解体前に「新しいパンツを買ってあげる」と言うと、次女はすんなり了承してくれました。

早速ハサミでパンツをチョキチョキ解体し、スカート本体と縫い合わせ、半日で2着出来上がり。
裏地をつけたのと、伸縮ウエスト用のギャザー寄せに一手間かかりましたが、ベルトの簡略化により、かなり時間短縮できました。
名付けて「さざ波スカート」
紺、ターコイズ、水色、灰色の美しいグラデーションが、風や体の動きによって泡立つ小さい波のよう♡
ちょこっとエコ★リメイクなウエストベルトはポケット付き(パンツに付いていたポケットそのまま利用)。
ベルトは半分に折り曲げもできます。

無くても良かったのですが、↑裏地も付けてみました

裏地に使ったストレッチサテン布は過去のソーイングプロジェクト「ライトブルーのプリンセスドレス」、「マーメイドバービー」「フェイクファーケープ」で使った余りを利用。

ニットはほつれてこないので、サイドも裾も端処理を省略(洗濯して様子みてみます)。

くるっと回ると軽い布がふわっと浮き上がり、娘達も大満足。
 
自分でエメグリにコーディネートした次女

こっそり私も長女のスカートを試着してみました。
スカートは空気のように軽く、ウエストベルトが何ともお腹に心地良い!笑
次女があのパンツを気に入っていた理由が分かる気がしました。
こういう素晴らしい伸縮素材は既製服ならでは。
「長く着用しても毛玉が出来ない」、「乾燥機使用でも伸縮性が変わらない」等の品質は、実際使ってみないと分からないし、一般の布屋さんで素人が探し求めても、見つからない布かもしれません。

レギンスと合わせて履けそうなので、夏になったら長女のスカート借りようかな♡

 にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...