Friday, September 21, 2012

旬過ぎのオンタリオピーチでタルト

毎年8月頃出回るオンタリオ産の桃、「オンタリオピーチ」が好きで、夏になると毎週のように買い求めています。過去記事はコチラ

 
我が家はいつも3〜5Lのバスケット

9月に入るとオンタリオ産の桃はピークを過ぎるようで、小振りになります。
それでも今年最後の食べ納め!と思い3Lバスケットを買ってしまいました。

ところが、スライスして食卓に出したら、家族から「桃の旬は過ぎた」と言われてしまいました。
美味しいことは美味しいのですが、確かにピーク時より糖度も食感もやや落ちた気がします。

生食用には不評だった旬過ぎのオンタリオピーチでタルトを作ることにしました。

<材料>

タルト生地
*小麦粉 170g
*アーモンドプードル 30g
*グラニュー糖 65g
*バター 90g
*卵 M1個

フィリング
*オンタリオピーチ 4〜5個
*シナモン 小1
*砂糖(できればブラウンシュガー)80cc~100cc 桃の糖度により調整
*小麦粉 120cc〜125cc


<作り方 タルト生地>

1. 室温のバターをクリーム状に練り、砂糖を混ぜる
 

2. 白っぽくなったところで、ほぐした卵を加えて混ぜる

3. アーモンドプードルと小麦粉を加え、木べらでさっくり混ぜる
 

4. ひとまとまりにしたら、ラップで包み冷蔵庫で3時間以上寝かせる
 

5. タルト生地を大体1/3強と2/3弱に分ける。打ち粉を振った作業台で、2/3の生地をパイ皿の大きさより一回り大きいサイズに伸ばす

6. バター(別量)を薄く塗ったパイ皿(または耐熱皿)にきっちり生地を敷き詰め、はみ出た部分はナイフで切り取る。切り取った生地は残り1/3の生地に加える


<作り方 フィリング>
1. 桃をよく洗ったら、皮をむき、1~2cmの厚さにスライスしてボウルに入れる
2. シナモン、砂糖、小麦粉をふりかけ、ざっと混ぜる
 

3. タルト生地を敷き詰めたパイ皿にフィリングを流し込む

4. 余った生地を薄く伸ばして、フィリングの上にかぶせる
帯状にスライスして編み目模様にすると、焼き上がりが綺麗

トップの部分の代わりに、バター、小麦粉、オートミール、ブラウンシュガーを混ぜて作ったクランブルを散らすと、ピーチクランブルタルトになります。

5. 220度のオーブンで10分焼き、温度を180度まで下げて引き続き30〜40分で焼き上げる


 
なかなか美味しくできました♡
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...