Sunday, October 28, 2012

ハロウィン2012 デビル編1

今年のハロウィンには、長女ちゃんこは「デビル(悪魔)になる」と言ってきました。

今年こそは出来合いの衣装を買って楽をしようと思っていたので、ぎりぎりまで暢気に構えていたら、
「ハロウィンの衣装、そろそろ準備しなくていいの?」
なんて夫からも突っ込まれ、ようやく買い物に出かけたのが先週。

デビルの衣装を求め旅に出たのですが、どうも気に入った衣装が見つからず・・・。
どれも値段の割に、どうしようもなく安っぽい造りだったり、可愛くなかったり。
ハロウィン一日のためだけなのだから、何でも良いはずなのですが。

空振りショッピングの帰り道に、ちらっと覗いた布屋さんにて、見つけてしまいました。

戦利品はコチラ、デビルにぴったりの衣装用布。
ストレッチニットにキラキラスパンコールのような加工が施されています

1m(布幅150cm)あたり$12とは!
安っぽい衣装をこの倍以上の値段で買うより、相当安く仕上がるのでは!!
こんなところで貧乏性が踊りだします。

衣装探しショッピングに出直すのも億劫だったので、デザインも決まらないまま、この布を買ってしまいました。

簡単で作りやすいデザインを走り書きし、まずはちゃんこに確認。

本人からOKが出たので、洋裁プロジェクト開始!(結局、今年も衣装作ってる・・・)

まずはワンピースドレスから。

本当は一枚布のチューブタイプのワンピースで楽をしようと思ったのだけれど、それだとタイトすぎて、バブル期のボディコン(死語?)ワンピになってしまう恐れが。
面倒だけれど、胸部パーツと分け、スカート部分はギャザースカートにすることに。

ちゃんこの胴回りと丈の長さだけは目安のため測定しましたが、型紙なしで作ります。
スパンコール加工が綺麗に整列してあったので、線引きも不要で、そのまま裁断。

スカートです。
ウエスト部分にギャザーを寄せます。

ギャザーを絞った所に細いゴムを縫い付けました。
胸部パーツとつなげるので、これは不要な作業だったと後になって気づきましたが、解くのも面倒なので、そのまま放置。
 胸部とスカート部を縫い合わせたところ

ストレッチ布とはいえ破れては困るし、着脱しやすいよう背中に30cmファスナーを付けることにしました。
ソファープロジェクトで買っていたファスナーが余っていたので、それを使う事に。
 
色はバーガンディーだけれど、さほど違和感なし

シンプルなワンピースを作る予定が、作業を進めていくうちに、どんどん面倒なデザインになっていく気が・・・。
本当はニット専用のシームレスファスナーの方が綺麗な仕上がりになるのですが、その辺は手元にある物で妥協します。

スパンコール加工のこの布、普通のミシン針(ニット用)で縫うことができました。
ほつれず、つらず、扱いやすい布でした。
ただし、一度針が通った穴は、糸を解いても消す事が出来ない=失敗は許されないのが難点。
スパンコール部分に穴痕が!

ドジな私は他のパーツを巻き込んで縫ってしまいました。
しかも一番目立つ胸部正面。汗

胸部上部のデザインに少しアクセントを入れたかったので、布を表に折り返しました。
正面、左右脇、背中をギャザーで絞り寄せ、胴体に縫い付けました。
 ↑こちらは背中

補強にもなるし、巻き込み縫いの穴痕も少々誤摩化せたかと。
 
次にストラップを作ります。
ストラップ2本分(表裏で4枚パーツ。肌に当たる部分は加工なし面を表に)を裁断し、中表に合わせ、返し口だけ残して縫い合わせます。

余談ですが、このような細いストラップを縫って表に返すときは、「ループ返し( loop turner) 」というツールが便利です。
5mm弱幅のストラップでも簡単に裏返せる優れもの

ループ返しを入れて、先端を布にひっかけたら、そっと引っ張るだけ。

この時点で一旦ちゃんこに試着してもらい、ストラップの長さを確認し、縫い付けます。

デビル編2へつづく・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...