Sunday, October 28, 2012

ハロウィン2012 デビル編2

デビル編のつづきです。

ドレスが仕上がったところで、小物にいきます。

まずはヘッドアクセサリーの角。
家にはシルバー角のカチューシャがあったのですが、
「デビルの角は赤だよ、ママ」
という我が侭なちゃんこのために、ドレスの共布を角に縫い付けることに。
 
手縫いが大嫌いで不得意な私には、この作業が苦痛でした。

次に、尻尾。
フォーム自由自在の尻尾にするため、尻尾の中には針金ハンガーを必要なサイズに折り曲げて使用します。
布を適当な長さに用意し、ハンガーを入れて綿を詰めて、、、と考えていたら思い出しました。

↓これに被せれば、わざわざ新しい尻尾を作らなくても良いのでは?
数年前のハロウィンで作った黒猫の尻尾

ドレスの共布を必要な長さに裁断し、筒状に縫い合わせます。
ループ返しで表に返して、黒猫の尻尾にぎゅぎゅっと被せます。
 
思った通りの太さになりました

デビルの尻尾の先は→矢印のようになっています。
共布に矢印の絵を適当に描き、縫い代を残して裁断します(同じ物を2枚用意)。
布を中表に合わせ、返し口だけ残して縫い合わせます。
表に返したら、綿を詰めます。

返し口に尻尾の先端を入れて、合体させれば出来上がり!
 

ちゃんこと相談して、尻尾はスカートの外側につけることにしました。
尻尾は取り外し可能にしたかったので、スカート部分にボタンをつけ、尻尾の根元にループをつけました。
 
写真中央に見えるのがスパンコール加工とほぼ同化してくれる赤の貝ボタン


さ〜試着タイム。
どこのミュージカルに出演するの?というくらい派手なデザインになりました。
 
尻尾もちゃんとぶらさがっています。

スカートにやや重みがあるので、本番ではスカートの中にパニエを着せてふわっとさせようと思います。

ちなみに、デビルが持っているような大きなフォーク?作りは省略しました。
というのも、ちゃんこが通う学校では武器類(に似た物も)は持ち込み禁止で、トリックオアトリートの時にも邪魔になるだけなのです。

土曜の夜にお呼ばれされたハロウィンパーティには嬉々としてデビルに仮装し出かけて行きました。

オオカミ編に続く・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...