Friday, October 12, 2012

キャラメルの包み紙には

最近キャラメルをよく作ります。作り方はコチラ。

一度に沢山は食べられないので、家ではタッパーにいれて冷蔵庫で保存しているのですが、持ち歩いたり、誰かに差し上げるときには、べとつかないようにきちんと包みたいもの。

自宅用なら無地のクッキングシート(北米ではベーキング用に使うparchmont paper、またはwax paper)を好きな大きさに切って無造作に包みます。

お土産用や子供用なら、可愛い柄入りのクッキングシートに包みます。
日本から送ってもらった柄入りクッキングシート
適当に折って切り分けます
  
せっかくだからキャラメル包みにしたかったのだけれど、今回はキャラメルの厚さが足りなかったので、無造作包み。
 
べとつくキャラメルも包み紙にはくっつきません 
小さい柄の方が包んだときに可愛く見えます♡

柄入りのクッキングシートはサンドイッチやクッキー、ケーキを包んだり、用途豊富で可愛い演出をしてくれます。
実はカナダにはありそうでないベーキンググッズなのです。
ベーキング商品が溢れているカナダですが、どうしてこんなシートが売り出されないのか不思議。

検索エンジンで調べたところ、韓国のベーキング・デコレーションショップのサイトを見つけました。
う〜ん、この可愛いさは日本人のツボにはまります。

運が良ければトロントでもコリアンタウンか韓国系スーパーで見つかるかもしれません。
見つけたらご報告します!
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...