Wednesday, October 31, 2012

ジャック・オ・ランタン 2012

毎年ハロウィン近くになると、玄関前にジャック・オ・ランタン(カボチャのランタン)を作って飾ります。

今年は長女と夫が忙しくて制作に手をつけられず、次女と私とでハロウィン当日に1つだけ小さなカボチャを作りました。

 
作業前にカボチャを綺麗に拭いて磨いているところ

デザインは次女りんこが担当。

オオカミに変装する予定だったりんこは、カボチャもオオカミの足跡にしたいといいます。
足跡と簡単にいっても、具体的には、こんな感じの↓足跡です。
 
毎年遊びに行くGreat Wolf Lodgeのロゴがいいのだそうな

子供の心を掴んで放さず、ロゴまで脳裏に焼き付ける、恐るべしGreat Wolf Lodge!

材料がカボチャだなんてことはすっかり忘れ、コレと同じにして!と無理難題を投げかけるりんこ。
ロゴの足跡を眺めること数分・・・作り方を考えます。

カボチャに直接下書きするのは難しそうなので、紙に描いて切り取ってみました。
 
りんこに型紙のデザインがこれで良いか確認

厳しいデザイン審査をクリアした型紙をカボチャに配置します。
両面テープがあると便利です。
 
りんこに配置がこれで良いか確認

油性マーカーなどで、型紙の周りをなぞったら、型紙を剥がします。
 

カボチャの蓋を作ります。
ナイフでヘタの周りを切り抜き

蓋を取ったら、カボチャの種やパルプをスプーンで綺麗に取り除きます。
 
知らぬ間に色んなところに落書きされてる・・・

線の内側をナイフでおおまかにくりぬき、細かいところは彫刻刀などで調整して削ります。 
一つ、くりぬき〜

全部の穴をあけるのに結構時間がかかりました。
小さめのカボチャにしておいて良かった。
なんとか形になりました

Boo!の文字は、彫刻刀や目打ちなどで傷をつけるように深めに彫ると、キャンドルを灯したときに透けて、文字が浮き上がります。
 

マーカーの書き残しが気になるようなら、マジック・イレイサーなどで拭き取ります。
出来上がったらティーキャンドルを入れます。
 
穴が大きいので、蓋をしても火が消えにくいのは良かった

オオカミの爪の部分が見えづらいのですが、一応4つ、くり抜いてあります。
 
ランタン作りは早過ぎると、天候によってはカビが生えてしまったり、ひびが入ったりするので、直前の週末か数日前に行うのがオススメです。

Happy Halloween!
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...