Wednesday, February 5, 2014

アマリリス観察日記 その2

アマリリス観察日記 その1の続きです。

観察日記を書くと言っておきながら、再び放置してしまいました・・・。

娘の観察日記の宿題には、あれほど口喧しくしていたのに、私も続けられないことに気づきました。

12月中旬過ぎに植えた球根、数週間経過しても変化の兆し皆無。

説明書には「球根から芽が出るまでは水分は不要」と書いてあったように思うのですが、肝心の箱も捨ててしまいました。

室温23度、日当り良好の場所に置いていたのですが、湿度30%と乾燥が気になります。

最近家の中が乾燥しているので、土も球根も乾いてしまったのかも?
捨てる前にダメもとで、土に水分補給してみました。
 

すると・・・

さらに数週間後、芽が出てきました!(写真撮り忘れ)

芽が出てからは、毎日2cm以上伸び続け・・・(写真撮り忘れ)

1月26日
つぼみが膨らみ始めました。
 
茎が伸びきったところで、蕾が割れて、深紅の花びらが覗いています。
 

1月28日
朝日を浴びて、ぐんぐん開いていきます。

2月1日
満開で美しい姿をパチリ。

 
アマリリスは形こそ百合やカサブランカに似ていますが、顔を寄せても不思議なほどに無臭です。

アマリリスが開花してから眺めて楽しめるのは僅か5日間程度。
12月に球根を植えてから2月の開花まで、途中放置したため、休眠していたとはいえ、長い道のりでした。
まさに槿花一日の栄です。

自然界に存在する花はどれも美しく、そして儚いものだなぁと思う今日この頃。
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...